読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスチルをこよなく愛するブログ

1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

ミスチル[(an imitation) blood orange] 1曲目「hypnosis」part2

この前の日記の続きになります。

ミスチル[(an imitation) blood orange] 1曲目「hypnosis」

 

この「hypnosis」は

壮大なバラード、憂鬱ソング

だと思います。

 

揺れ動く想いが風に吹かれて

群青色の夕闇に溶け

 

迷いを消してくれるなら〜

 

 

今日も見果てぬ夢が

僕をまた弄んで

 

 

桜井さん、どうしちゃったんでしょう!?

と思ってしまいますが。

 

 

これをストリングスやらピアノが全くない、

 

Everything(it's you)

 

または

 

スロースターター

のようなアレンジで作ってくれたなら良かったなぁ

と思ってしまうのは自分だけでしょうか。

 

まさかこの曲が

1曲目になるとは…

 

思ってもみませんでした。

 

もし、ドラマの主題歌ではなく、

タイアップも何もされずに、

アルバムを買って初めて聞いたら

 

びっくりするような曲だったと思います。。

 

JENさんの重々しいドラムから

始まるこの曲が

 

アルバムの1曲目というのは珍しいです。

 

と。

でも1つのことが考えられます。

 

やはり、このアルバムはスケジュール的に厳しかった。

 

アルバムの1曲目を作ることができなかった。

と思ってしまいます。

 

 

過去のアルバムの1曲目は

 

1曲目!

という感じの曲だったと思います。w

 

 

「I」

「終末のコンフィデンスソング」

「Wake me up!」

「Worlds end」

「言わせてみてぇもんだ」

「蘇生」

「center of universe」

「DISCOVERY」

 

全ての曲は

 

アルバムが始まるなぁ

と思わせてくれてましたが。

 

「hypnosis」は何か違うなぁと。

 

そう、

BORELOの1曲目

 

Everything(it's you)

と同じ感じだと思います。

 

このBORELOも

結局は

 

活動休止前に作ってた曲とシングル曲を合わせた。

いわば、コンセプチャルではないアルバムです。

 

[(an imitation) blood orange]

もそのようなアルバムかと思いますが。。。

 

f:id:lalala11:20130808231817j:plain

 

桜井さんは

とてもお気に入りのアルバムとのことです。

 

この日記の続きはこちら

ミスチル[(an imitation) blood orange] 1曲目「hypnosis」part3