読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミスチルをこよなく愛するブログ

1994年「innocent world」からMr.Childrenを好きになったミスチルファンのブログ

ミスチル桜井さんがお酒を飲みすぎると…

マニアック

昨日の日記の続きになります。

ミスチル桜井さんが体調悪いときに作った曲!? - ミスチルをこよなく愛するブログ

 

ミスチル桜井さんは体調が悪いときでも、曲を作れたり、歌を歌うことができてしまいます。

身体が通常の状態ではない分、そのときにできる曲も、いつもとは違うテイストの曲ではないでしょうか?

ファスナー」という曲もミスチルっぽくないと言われれば、そのように思えます。

 

よく桜井さんは、「曲を作るぞ!!」と思ってもなかなか曲ができないと公言しています。(締め切りなどを設けられると曲ができないと言ってますね。)

また、ギターを片手に曲を作ることをしません。

それはギターのコードに縛られてしまうので、なるべく自由な形、鼻歌で作曲をするとのことです。

 

え!?桜井さんの曲は鼻歌で作れられてるの!?

f:id:lalala11:20140305215346j:plain

 

ほぼ全てが鼻歌で作られていて、それも水回り、お風呂やトイレなどにいるときは、脳がリラックスしていて、いい鼻歌のメロディが浮かぶそうです。

あの「終わりなき旅」のサビもトイレで曲が浮かんだとか。。。

 

ということで、桜井さんは水回りにいるときを大事にしていて、家はリビングのすぐそばにオープンバス?のような、大きなお風呂があるとかないとか…

(まぁ、そのへんは憶測になってしまいますが。。)

 

また、2000年の時点で、桜井さん自身が選ぶ、ミスチル曲で好きな曲は

1996年11枚目のシングル「花 -Mémento-Mori-」であると「ミュージックステーション」で公言しています。

 

その「花 -Mémento-Mori-」は、実は2日酔いの状態で、朝から野球をしているときに、

降りてきたメロディで、それを元に作られたとのことです。

 

2日酔いという体調が悪いときに作られた曲で、脳がいつもとは違う働きをしていた中、作られたメロディなんですね。。。

 

どういう経緯で作曲されたかなどを知ると、より一層、その曲を好きになったり、または意外すぎてショックを受けたりするかと思いますが。

みなさんはいかがでしょうか?